職場で付き合うことでのメリット、デメリット

わたしが付き合ったのは、新しく入った職場の先輩にあたる人でした。
派遣の配属先で知り合ったのですが、この方とはそれまで生きてきた中で1番最短の期間でお付き合いするまでの関係にいきました。
初日から知り合ったわけではなく、わたしが配属されてから、2〜3日目で知り合いました。


まだその仕事に不慣れだったわたしは、仕事に必要な道具を持っていなくて、彼が「ふたつ持ってるから」と貸してくれました。
これが仲良くなるきっかけだったと今は思います。
それは結局1日中借りてしまったので、その日の帰りに彼の元へ返しに行きました。

すると、
「ずっと持っててもいいよ。使いな。」
とわたしにそれをくれました。
第一印象からこの人は優しそうだなあと感じていたわたしは、新しい職場で不安と疲れがあったところを優しく接してもらえて嬉しかったのを覚えています。
そのことをきっかけとして、仕事中に少しずつ話すようになりました。
そのころは、とても仕事が忙しく帰りが遅くなる時期でした。
帰りが9時過ぎのときがほとんどです。
ある日の仕事中彼が、
「家はどこなの?」
と聞いてきました。
「〇〇です。」
と最寄駅を教えると、
「じゃあ帰り遅くなるし、送ってあげようか。」
と言いました。
正直とてもありがたい申し出だったので、図々しくもわたしは二つ返事でお願いしました。
このころまでで約知りあってから1週間くらいでした。、
その日からは毎日、
「今日は帰り大丈夫?」
と声をかけてくれて、一緒に帰るのが常でした。
仕事にも慣れてきたある日曜日の昼、2人で食事に行かないかと誘われました。
もうこの時にはわたしは彼のことが気になっていたので、仲良くなれてとても嬉しい気持ちでした。
ごはんをいただきながら仕事の話やプライベートな話を聞けてとても楽しい時間を過ごしました。
その日は何事もなく家まで送ってもらいました。
次の日の夜、いつものように夜彼の車でわたしの自宅へと向かう途中話の流れで、
「俺と手をつなげるのか?」
と言われました。
「全然つなげますよ!」
と言ってわたしは手のひらを上にして運転している彼のほうへ右手を差し出しました。

そこで初めて手を繋いだのですが、その後告白されました。
まだ正直好きという気持ちまでいっているか不安だったので、友達ではダメなんですかと聞きました。
「俺は付き合いたい。友達だと誘いにくいから嫌なんだ。」
と彼は言いました。
少し悩みましたが、合わなければ別れればいいやと思ったわたしはOKしました。

最初こそ気持ちに勢いをつけて付き合ったかんじでしたが、今思うと付き合ってよかったと思っています。
何故って、あれから4年経ちますが今は結婚して仲良く暮らしているのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です