初恋の人に再会しました

幼いときに好きになった人のことは、大人になっても鮮明に覚えていたりするものなのかもしれません。何か引き寄せるものがあるのかな、そう思った私の体験談です。

幼稚園、小学校と同じだったSくん。家も近所で、クラスも同じでした。足が速くて、スポーツ万能、笑顔が可愛くて、クラスの人気者的存在の男の子。Sくんと毎日一緒に登下校するのはお決まり。バレンタインは毎年彼に渡すほど大好きでした。あまりに幼く、付き合うとかそういったものもなかった当時ですが、今思えば小さい頃の可愛い両想いでした。これが私の初恋です。
小学校3年生のある日、私は家庭の事情で離れたところに引っ越すことに。また必ず会おうねと、約束を交わしたものの一度も会えず、連絡も取れないまま時間だけが過ぎて行きました。

大人になったある日、仕事帰りに会社の同僚と、都内のとある居酒屋に入った時の出来事です。隣の卓に座っている男性にどこか懐かしさを覚えました。初恋のSくんに雰囲気が似てるなぁと思いながらも、まさか離れた地でそんなことがあるわけがない、、ただ昔を思い出して懐かしんでいたのです。トイレに行こうと席を外した時、雰囲気が似てるなぁと思った男性が目の前に。突然「もしかしてMちゃん?」と話しかけられて、一瞬時が止まりました。大人になったSくんが目の前にいました。懐かしさを覚えたあの笑顔は昔と変わらず、それは人違いでもなく、本当にSくんでした。こんな離れた場所で、たくさんお店もある繁華街で、たくさん人もいる中で、まさか隣に座った男性が初恋の人だったなんて。彼も私も今は東京で仕事をしているということを知り、その日から連絡を取るように。

彼もずっと私のことを覚えていてくれたそうで、連絡を取りたくても取れない状況にもどかしく思っていたそうです。運命の赤い糸って本当にあるのかなぁなんて思いました。今では私の彼で、幸せに日々を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です